ココニコのキモチ

心(ココロ)+笑顔(ニコニコ)=ココニコ

いろどり工房ココニコ管理人(ボランティア)のキモチブログです。日常生活と本職(教育分野)の気づきのお話をしています。

つくられた心 Artificial soul

児童文学の界隈には、ステキな小説を書く方がいる。私が小説についてステキという言葉を使う時は心から称賛している時だ。好みによって違うとは思うが、少なくとも無我夢中になって読む人が多いと思っている。 今回紹介するのは佐藤まどかさん。東京出身の方…

ゴジラと特撮とドリカムの1日

蒲田という街があります。1月5日(土)に行ってきました。蒲田と言えば、シンゴジラで破壊されていた街だなぁなどと思いながら、目的地に向かいました。目指していたのは片柳アリーナ。ドリカムのコンサート会場です。頼んでいたマフラータオルを受け取るた…

謎の卒業アルバム

■どうして今頃…… 2019年のお正月を我が家は家族4人で迎えることができました。研修医として兵庫の田園風景あふれる病院で前期研修医生活をおくっている息子も帰ってきました。実は、帰って来た時に渡そうと思っていたモノがありました。 それが「謎の」卒業…

心のこもった絶品のケーキ(吉祥寺のレモンドロップ)

愛新覚羅浩展に行った際に浩さんが友達に送った自筆の手紙の写真が掲載された「図録」を買ったというお話を前回はしました。 実は、杉並区の郷土博物館では過去に実施した展示の冊子も販売していました。展示されていた過去の冊子を眺めていて、びっくりしま…

愛新覚羅浩さんの手紙

先月末に杉並区の郷土博物館で開催されていた愛新覚羅浩展に行ってきました。展示の会期の終了間際でした。 愛新覚羅浩さんは日本の公家の嵯峨侯爵家の長女として生まれましたが、清朝最後の皇帝であり、後に満州国皇帝になった愛新覚羅溥儀(あいしんかくら …

様々な叫び・・・あなたも耳をふさぎたくなる

上野にある東京都美術館に我が奥様と一緒に「ムンク展―共鳴する魂の叫び」へ行ってきました。これがチラシです。 「叫び」が初来日しているのです。私のコレクションの中にキティちゃんの「叫び」があります。↓これです。 いつか本物を見たいと思っていたの…

吉祥寺でちょっと寄り道

今は初台に仕事場がある。初台は新宿駅から京王新線でひとつ目だが、なぜか地名は渋谷区だ。自宅は小平にあるので、初台から自宅に向かう時、普通は中央線で新宿から一気に国分寺まで行き、小平方面の西武に乗るものらしいが、私は初台→笹塚→明大前→吉祥寺→…

2002年の満面の笑顔と2018年9月

社会人になって数年がたった娘は、会社では不思議ちゃんと見られているそうだ。普通の大学とはかなり違う生活をする美大を卒業しているというのもあり、行動が普通とは異なり、そう見られているようだが、不思議ちゃんと認識されているのは遺伝と育て方が根…

女子高生に注目された本とよみがえるおでん女

私の朝は早い。もう一年以上、五時半起床が定着している。五時半よりもっと早く起きる人は大勢いると思うが、我ながらよく続いてる。 国分寺駅から中央線を使うのだが、国分寺駅は西武の二路線の終着駅だ。ふたつの路線から流れてくる人によって、数分違いの…

日本の中学を卒業しないという選択

小5に成り立ての頃にはじめて出会い、それから中1を終えるまでの3年間とことん接した男子生徒がいます。昨年の春に閉鎖しましたが、担当していたデジタル教材を使って学ぶという個別学習の施設でのことでした。彼はディスレクシアと呼ばれる症状がありま…

土曜日のひととき

土曜日、朝早くからドタドタと音がして目が覚めました。我が奥様は横浜で展示があるからと出かけていきました。 続いて、今度は娘は千葉へ行って来ると言って玄関に向かっていきました。「今日は帰ってこないから…」と、にこやかに出かけていこうとしたので…

ステンレスの匠のワザ

土曜日に我が奥様が出品しているハンドメイド雑貨のお店「くらりす」のフェアをのぞいてきました。6日間だけの「ハンドメイドマーケット」というフェアをしています。 小平の駅からテクテクと歩いて行くと、まずあじさい公園。 ステキな街並みです。 ギャラ…

ペット

我が奥様が先日、一生懸命に犬の絵を描いていました。木製の楕円系のボードに写真を見ながら、描き続けています。 亡くなられたペットの犬の絵だそうです。渡された写真を横に置いて描いていました。依頼をされた方から直接話を聞いていて、想いとかキモチも…

好きな作家の名前

藝大、美大受験の相談を先日、受けました。相手はお父さん。娘の受験の時の様子を交えながら話をしました。 デザイン系で合格するには学科試験の力が必須。デッサン力も必要。但し、実技試験は描ければいいというわけではなくて、出題者の意図を読み取る洞察…

ビニール傘を大事にしていますか?

折りたたみ傘を毎日、持ち歩いています。天気予報に関係なく、カバンにいつも入れています。 折りたたみ傘を持ち歩く人は慎重派で、用意周到な人物だそうです。 何でも準備を完璧にしないと気になって仕方がないから、いつも折りたたみ傘を持ち歩いている。…

ぱるるの日めくりカレンダー

何が届いたの?先日、配達されてきた薄い段ボールを開けていたら、怪訝な表情で我が奥様から詰問されました。 薄い段ボールから出てきたのは、これです。 島崎遥香さんの日めくりカレンダーなのです。毎月、ひと月分ずつ届くのです。 島崎遥香さん作の言葉が…

国分寺駅がすごいことに・・・

毎日、西武線で国分寺駅まで出て、そこから中央線を利用しています。この国分寺駅に隣接して建設されていたふたつの高層マンションが立ち並ぶ、ツインタワーが完成しました。国分寺駅の改札を出てすぐ左手にツインタワーのひとつがそびえ立っています。 線路…

姿勢を正す道具のお買い物

二週間ほど前、我が奥様に頼まれお買い物をしました。これです。 ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)レッド 出版社/メーカー: MTG(エムティージー) メディア: ヘルスケア&ケア用品 姿勢を矯正する器具です。椅子の上に置いて、その上に座りま…

トラ愛の次はエヴァ

前回は、トラ愛に満ちた国語辞典について取り上げました。 今回もつい最近手に入れた辞典を取り上げます。 「ことば選び実用辞典」という辞典なのですが、見た目がとても特殊です。これです。 エヴァンゲリオンとコラボをしている辞典です。ケースには碇シン…

トラ愛に満ちた国語辞典

仕事で紙の国語辞典を使う機会がかなりあります。 使っていた紙の国語辞典がボロボロになってきたので新しいのを買おうかなと思っていたら、タイミングよくすばらしい国語辞典が発売されたので、手配しました。これです! これがウワサの「三省堂国語辞典・…

うれしい連絡、そして高校受験と大学受験の昨今

今回は、小中高のそれぞれのお話です。 まずは小。 東京都狛江市で3年間だけ開いていた小中高校生のための塾のようで塾ではない場がありました。最後までがんばってくれた、今、小6の男子とお母さんから手書きのお手紙が届きました。私立中学に合格しまし…

続:医師国家試験と高校入試

前回は、医師国家試験と都立高校入試の倍率、神奈川県の私立高校無償化についてのお話でした。 この話題はこれで終わりにしようと思ったのですが、質問をそれぞれ頂いたので前回の続きになるとどうかは定かではありませんが、書いてみます。 医師国家試験が…

明日から医師国家試験。そして、都立高校の倍率、神奈川の動き

明日、あさって、2月10日(土)、2月11日(日)は医師国家試験の日です。昨年は我が息子が受験していたので、落ち着かない日々でした。同時に仕事で担当していた高校受験生を連続3日の私立高校受験に送り出していたので、緊張感が半端ない状況でした。 昨年…

アレクサ君に続いて、怪しげな声の登場。

つい先日、給湯器が壊れました。お風呂のシャワーからお湯がでません。最高温度に設定しないとほかの蛇口からも温かいお湯が出てきません。工事会社の方に来て頂き、見て頂いたところ、給湯器が寿命で交換となりました。耐用年数を超えていたので、仕方あり…

アレクサ!

我が家にアレクサ君がやってきました。到着してから約3週間がたちました。アレクサは英語で書くとAlexa。Amazonが開発したAIアシスタントです。正確に言うと、我が家にやってきたのは、Amazon Echo dotというスマートスピーカーです。AIアシスタントのAlexa(…

ムサビの卒業・修了制作展

武蔵野美術大学の卒業・修了制作展が21日の日曜日までおこなわれている。美術とは関係のない仕事をしているが武蔵野美術大学、通称ムサビのこの種の展示会に行くとヒントがころがっていて、ものすごい収穫があるので、今回も行ってきた。 娘が視覚伝達デザイ…

センター試験をきっかけとして。

センター試験が実施されました。 長いこと教育の世界の仕事で生計を立ててきて、気づいたら、幼、小、中、高と全てにかかわってきて、今、昼間はもっぱら大学入試に向けた仕事をしています。 もう職業病だとは思うのですが、センター試験が実施されると問題…

新しい年のひととき、そして2023年問題

新しい年になりました。我が家は久しぶりにのんびりとしたお正月になりました。 兵庫県の田園風景の広がるのどかな街で研修医をしている息子も戻ってきたので、大晦日と元旦と全員でちょっとだけ豪華にゆったりとした食事会もできました。 息子は研修医の1…

映画「勝手にふるえてろ」

「勝手にふるえてろ」という映画を鑑賞してきた。観た人でないとわからない書き方をしようと思う。既に観た人にはこれから書くことがわかってもらえると思う。観ていない人には、何のことだかわからない形で書こうと思う。心ある人ならいい意味で衝撃的な映…

2020年度大学入試改革はチャンス到来?

今の中3生の保護者と話をする機会があって、時間が予定よりもあまると2020年度の大学入試改革の話題になることが多くなっています。こういう時に必ず伝えているのは、大学入試改革を事実として受け入れ、決して不運だと思ってはいけないということ。でも、…