ココニコのキモチ

心(ココロ)+笑顔(ニコニコ)=ココニコ

いろどり工房ココニコ管理人(ポランティア)のキモチブログです

オレンジの箱

の日ということで、娘からプレゼントを頂きました。
BEAMSの服です。
パッケージだけご紹介。

f:id:kokoniko:20170618201127j:plain

BEAMSのパッケージはオレンジ。
大好きなオレンジなので、箱を開けるのがワクワクします。
娘からは、過去にも何度か服をプレゼントされたことがありましたが、いつも絶対に自分では買わないデザインの服ばかりです。
今回も自分のセンスとはまったく異なります。
ちょっと派手な服なのですが、じ〜と見ると、とても味わい深く思えてきました。
デザインを美大で学んできただけあって、へぇ〜と思う部分がたくさんありました。
自分では絶対、検討の選択肢にない部分にこだわりが感じられます。

ひとつ目は手触り
手触りがとてもいい感じでした。
結構、体が弱いのか、休日になるとほっとするのか、休みの日になるとよく体調を崩すことがあるのですが、頂いた服は手触りが違うというか、素材がいいというのが実感です。
デザインは見た目もさることながら、素材も大事なのかというのは、服をプレゼントされるたびに気づかされます。
素材がよいからなのでしょうし、素材のもつ特徴も生かして、色合いの見た目も不思議な愛着がうまれてきます。心地よい肌触りと相まって、着るのが楽しみになりました。

ふたつ目が分析力。
いつもパッと見で派手な雰囲気なのですが、着てみると、あれ?、似合うではないですかというのをいつも実感します。客観的に着る人のことを分析して、選んでいるようです。
色合い、形、細部のデザインのどれをとっても自分では選ばない服なのですが、おゃ?、これはかなりしっくりする。いつの間にか、お気に入りに変身してしまっています。
今回は青が基調の服なのですが、自分が選ぶ青とは違う青なのですが、こういう青があるのかという青だったりしているのもひと味違うなぁとびっくりしています。

みっつ目がサイズ。
デザインがよくてもサイズが合わないと、あれれとなるものですが、本人が試着しているわけではないので、ゆったり感のあるものが選ばれているのですが、今回もらった服は絶妙なゆったり感になっていて、見た目も着た感じがとても心地よいサイズ感です。

服を選ぶ時はこういうところにも気をつけるといいのかというのを学ばせて頂いた父の日のプレゼントでした。