読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココニコのキモチ

心(ココロ)+笑顔(ニコニコ)=ココニコ

いろどり工房ココニコ管理人(ポランティア)のキモチブログです

いざ横浜へ

横浜駅の中央改札を出て、目的地は東口の方向にありました。

f:id:kokoniko:20160731205540j:plain


てくてくとしばらく歩いていくと、目的地に到着。
横浜そごうです。

 

f:id:kokoniko:20160731210222j:plain

我が奥様に連れられてたどり着いたのは6階。
そごう美術館のところだというので、行ってみると、レンブラント リ・クリエイト展のたまたま初日でした。
結構、人がひっきりなしに訪れています。

リ・クリエイトというのは複製画のことでした。
レンブラントが描いた17世紀当時の作品を分析し、経年劣化で変色する前の色を再現したり、盗難で行方不明になった作品や損傷を受けた作品を、最新のデジタル技術で17世紀当時の姿へと複製画で忠実に再現した展示でした。18カ国に点在するレンブラントの作品を一度に鑑賞できるのは、デジタルの時代ならではだなと思いました。
デジタルの技術は飛躍的に進化したというのもわかる展示です。
9月4日まで開催されています。

なぜここに来たのかというと横浜そごうで8月16日から我が奥様が展示をするのですが、その場所というのが、なぜかそごう美術館の左横にあるミュージアムショップの一角なのです。
どうしてこのような場所でさせて頂けることになったのかよくわかりませぬが、へぇ〜、、、本当にここでするの?、とびっくりするぐらい由緒正しい?雰囲気が漂っていました。

事前に見に行ってみたいと言われ、一緒について来たのですが、なるほど前もって見ておいて、念入りに検討しないといけない場所でした。
そごう美術館
ミュージアムショップ
この空気感を大事にした演出が必要になりそうです。

さて、調査終了ということで、せっかく遠くまできたのでということでぶらぶら散歩のスタートです。

上の階から順に下に向かってウィンドーショッピングです。
いつも思うのですが、二人で歩くと興味関心がまるで違うので、気がつくとまったく違う方向に向かったりと、ちぐはぐな行動になります。何度か、行方不明になりました。

男性用の商品があるフロアは素通りして、ほとんどが女性もののフロアばかりを回ったのですが、ふむふむ色に特徴があるなぁと思いながら歩いていると、「今年のトレンドカラーは「赤」でキマリ!」というパネルがあるではないですか。
じっと見ていたらお姉様が寄ってきて、説明をしてくださいました。

今年の夏のトレンドカラーは赤ですよ♡
赤をワンポイントで使うのがオシャレです。
奥様にいかがですか?

途中から質問攻めにしてしまったのですが、流行色というのは毎年12月に翌年の色が決まるというのがわかりました。
カラー・オブ・ザ・イヤーですね。
世界中で使用されている色の見本帳というのがあり、それを提供しているアメリカのパントン社が発表しています。
色のプロの方々が毎年ひとつの色を決めています。
実は、2016年のカラー・オブ・ザ・イヤーは初めて2色選ばれたそうです。
淡いビンクのローズ・クォーツと淡いブルーのセレニティです。
でも、私が立ち止まっていたお店では、あえて赤、それもとても目立つ赤をトレンドカラーとして選択していました。
なぜ2色で、このお店ではなぜ赤になったのかを説明し始めたのですが、調べればわかると思ったのと、またもやはぐれてしまっているという危険タイマーが成り始めたので、ここで退散。

赤を戦略的に使うと、ヒロインになれるそうです。
なかなかおもしろい店員さんでした。
にこやかでしたが、目だけが笑っていなかったのが、ちょっと怖かったのですが。。。

横浜そごうを出て、せっかく横浜に来たのでということで、ぶらぶらと海の方向へ散歩をしてみました。
横浜そごうを出て右手に進んでいくと、見えてきたのが、横浜ベイクォーター

f:id:kokoniko:20160731210019j:plain

横浜ベイクォーターの前をてくてく歩いていたら、遭遇したのがガリガリ君

f:id:kokoniko:20160731210318j:plain

親子でガリガリ君を買い求める人でごった返していました。
人気者でした。

さらに歩いていくと横浜ベイクォーターの前にシーバスの停留所がありました。
横浜駅東口みなとみらい21、赤レンガ倉庫、山下公園を結んでいる海上バス。
中華街と元町とみなとみらいを移動するる手段としてゆったりした時間も過ごせる交通手段ですね。

f:id:kokoniko:20160731210412j:plain

さらにぶらぶらと歩いていくと、日産の広々としたギャラリー。
大昔のダットサンから最新の車まで、自由に写真を撮らせていただいたり、たくさん資料をいただいたりしました。

f:id:kokoniko:20160731210512j:plain

f:id:kokoniko:20160731210545j:plain

f:id:kokoniko:20160731210617j:plain

f:id:kokoniko:20160731210656j:plain

f:id:kokoniko:20160731210732j:plain


息子が今、関西で医者の修行をしているのですが、来春、卒業し、そのまま兵庫で地域医療の修行に入ります。研修医として勤務する病院がほぼ決まったのですが、車がどうしても必要になります。ということで、日産のギャラリーは真剣そのものだったのです。

夜景がきれいでした。
家についたらくたくたでしたが、心地よい半日でした。

f:id:kokoniko:20160731210831j:plain

 

-----------------------

以上、いろどり工房ココニコのホームページ管理人(ボランティア)のお話でした。

ココニコの方程式は

心(ココロ)+笑顔(ニコニコ)=ココニコ

http://www.kokoniko.jp/