読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココニコのキモチ

心(ココロ)+笑顔(ニコニコ)=ココニコ

いろどり工房ココニコ管理人(ポランティア)のキモチブログです

毎朝、ある儀式でココニコ

杉山家の日常

朝は一日のスタート。
朝の気分はとても大事です。

毎朝、ある儀式をするようになりました。
うっかり忘れてしまう日もあるのですが、そういう日はなんだか一日、すっきりしません。

その儀式とは、日めくりカレンダーをめくることです。
我が家には日めくりカレンダーがふたつあります。
ふたつを並べて、テレビの横に置いてあります。
テレビを見るときにも何気なく目に入るようにしています。

なぜふたつなのか。
まずはふたつの日めくりカレンダーの実物をご覧下さい。

f:id:kokoniko:20150429133258j:plain
左は、
「幸運日めくり ハローキティのにんげんだもの」
右は、
「まいにち、修造!  カレンダー」

左は、相田みつをハローキティの絶妙の癒やされる共演。
右は、ひたすら熱い、熱い松岡修造さん。

両方とも頂いたものなのですが、最初に松岡修造さんがやってきました。
正直、熱すぎます。
言葉自体はいいのですが、毎朝、めくり言葉を読む度に、松岡修造さんの映像が鮮明に頭の中に浮かび、あの口調で叫んでくるのです。
結構、ある意味しんどいというか、元気が元々ある日はいいのですが、ココロの調子によっては、ちょっとイヤ・・・ということがありました。

こんなことを友人に話し、後日、頂いたのが、相田みつをハローキティの絶妙のコンビの日めくりでした。
癒やされたり、ニコニコしたり、よしがんばるという気持ちにさせてくれるすばらしいコンビでした。
商品のタイトルがいいです。
「幸運日めくり ハローキティのにんげんだもの」
ハローキティのにんげんだもの!
ハローキティは人間ではありませんが、「にんげんだもの」というタイトルを使っているところが、企画した方のセンスを感じます。

相田みつをハローキティの日めくりのあたたかさ。
松岡修造の日めくりの熱さ。
このふたつの日めくりが両方ともあると、絶妙の相乗効果があって、どんなにココロがげんなりしていても、すくっとココロの姿勢がするすると正されるという気持ちがしています。

相田みつをハローキティの日めくりはダイヤモンド社
松岡修造さんの日めくりはPHP研究所。
いずれもビジネス書を得意とする出版社が販売しています。

なるほど・・・という感じですね。

ふたつの日めくりは31枚の日めくりで構成されています。
毎日、その日の日付のページにめくっていきます。
つまり、毎年、使えるのです。

別の見方をすると、この日めくりは一年中、いつ買ってもいい商品なのです。よく考えられています。
ふつうは年末にカレンダーを用意しますが、今からでもこの日めくりは買ってもよいのです。

相田みつをハローキティの日めくりには毎日のメッセージを英訳した文章も書かれています。この言葉をこう英訳したのか、と英語のうんちくも増えます。

松岡修造さんのほうは、毎日の熱いメッセージに加えて解説文が書かれています。解説文も真剣そのものなのが松岡さんらしいですね。

朝から気合いを入れようとする松岡修造さん。
癒やし、ほのぼのさせようとする相田みつをハローキティ

ココニコの方程式は、
心(ココロ)+絵顔(ニコニコ)=ココニコ
ですが、毎朝の儀式を工夫することでココニコで一日がスタートします。


では、最後にこれを書いている翌日の30日の日めくりを紹介してオシマイにします。

f:id:kokoniko:20150429133355j:plain